会報誌「風の輪」に掲載している当法人の各施設・事業所で働く職員による随筆です。


「一緒に作り、一緒に食べる」

 昨年の秋に、ワークセンター豊新へ異動して、もうすぐ1年。対象者が子どもから成人へと変わり、様々な違いはもちろんあるものの、厨房での一日の流れは基本的に同じである。けれど、その流れに一つ加わったもの。それは、毎日、利用者の方と一緒に仕事をする時間ができたことだ。

 昼食後の1時間がAさんとのお仕事タイム。前半は、たまった洗い物をもくもくと食洗機にかけ、片づけていく根気のいる作業だが、それが終われば後半はAさんお待ちかねの仕込みの時間。野菜の種を取る、皮をむくなどの作業をする。ぷっくりとした愛らしい野菜を持ったAさんの表情は、自然といきいきとし、優しい面持ちになる。愛情をこめて手に取っている様子は、隣にいる私が、時にハッとさせられる場面でもある。

 翌日、できあがった料理を見て、どこか誇らしそうにしているAさん。Aさんの手伝ってくれた野菜をきっかけに、周りにいる人も食に対して一歩身近に感じてもらえているような気がする。ただお腹を満たすだけでなく、会話がふくらみ、ここちよい空間がうまれることも食事の醍醐味。お腹だけでなく、心も満たされるような食事をつくっていきたいと思う。

ワークセンター豊新・栄養士(平成22年入職)
第50号(平成25年10月発行)より

会報誌「風の輪」ページに戻る メインページに戻る 上に戻る