職員採用情報

正規職員専業職員アルバイト職員ヘルパー職員職員採用関係報告採用実績2年目職員の声



職員採用関係報告

平成30年度採用平成29年度採用平成28年度採用平成27年度採用平成26年度採用平成25年度採用平成24年度採用


平成28年度採用

_ 発令式
 3月31日、発令式が執り行なわれました。28年度は18人(アルバイトから正職登用者を含む)の正規職員を採用、うち17人が発令式に出席しました。辞令を手に4月1日からの仕事に不安と期待を抱く新採職員のみなさん。辞令交付の後は理事長の訓示、各施設長より激励の言葉、その後は社会人マナーの研修が行なわれました。昼食をはさんで各配属施設に出向き、それぞれでオリエンテーションが実施されました。
辞令交付1
辞令交付2
辞令交付3
辞令交付4
辞令交付5
辞令交付6
辞令交付7
辞令交付8
辞令交付9
辞令交付10
辞令交付11
辞令交付12
辞令交付13
辞令交付14
辞令交付15
辞令交付16
辞令交付17
理事長より訓示1
理事長より訓示2
風の子そだち園園長より激励のことば
ワークセンター豊新施設長より激励のことば
姫島こども園園長より激励のことば
水仙の家施設長より激励のことば
淡路こども園園長より激励のことば
風の子ベビーホーム園長より激励のことば
社会人マナー研修
みんなで記念撮影


_ 内定者研修
 平成28年度採用の正規職員に対する研修が2月13日から始まりました。プログラムは全体講義と施設実習の組み合わせで構成されています。
 全体講義の第1回目は「法人の理念」「法人の沿革」の話があり、お昼をはさんで「施設の現場から」として風の子保育園・風の子ベビーホーム、風の子児童館子どもの家、障がい者相談支援センター風の輪、水仙の家から職員が参加し、自らの経験等を話しました。最後に翌週から始まる実習でのエピソードを書いてもらうにあたり、その説明がありました。
 第2回目は火曜日から金曜日にかけての実習についてそれぞれ実習の感想を述べてもらい、その後「本人主体の支援のあり方」の講義がありました。お昼をはさんで「施設の現場から」としてワークセンター豊新、淡路こども園、風の子そだち園、姫島こども園から職員が参加し、自らの経験等を話しました。
 第3回は午前中に火曜日から金曜日にかけての実習についてそれぞれ実習の感想を述べてもらい、その後「積極的傾聴について」の講義がありました。昼からは自然生活体験施設「比良風の家」での一泊研修の始まりです。
 なお、研修は一方通行の講義を避けるため、各コマごとに必ず内定者から質問・感想を話してもらいました。
<比良一泊研修>
 研修の目的は、協力・工夫・環境への関心。内定者はもとより、各施設の施設長、主任が参加。午後1時30分に出発した一行は、途中のスーパーで食材を購入し、比良風の家に到着。フリータイムを経て、全員で食事作り(夕食・朝食・昼食)にとりかかりました(食材の購入および食事作りは全て内定者のみで行なわれました)。この日の夕食は寄せ鍋。内定者と職員が5グループに分かれて鍋を囲みました。夕食後はあらかじめ行なっていた心理テストの解説があり、その後は懇親会へと移りました。翌日は「朝食(サンドウィッチ・サラダ・スープ)」「フリータイム」の後、1時間の1人散策を行ないました。これは、誰ともしゃべらずに1人で周辺散策をするもので、びわ湖や周辺の田んぼ、山々を見ながら環境について考えてもらうことを目的としています。散策後は3グループに分かれて水仙福祉会の必読書「センス・オブ・ワンダー」を輪読し、また、自然環境について話し合いが行なわれました。「昼食(カレーライス・サラダ)」をはさんで午後からは3グループに分かれてエピソード研修。これは実習の際に内定者に書いてもらったエピソードをもとに話し合いが行なわれました(※昼食のカレーライスは固形ルウを使わずに作られました!)。午後3時、館内の片付けを行ない、少しのフリータイムの後、午後4時に出発。帰阪の途に着きました。
研修プログラムはこちら ⇒比良一泊研修プログラムはこちら

第1回 全体講義の様子(2/13)
研修の様子
松村理事長による「法人の理念」
松村総合施設長による「法人の沿革」
研修の様子
「施設の現場から」
風の子保育園・風の子ベビーホーム
「施設の現場から」
風の子児童館
「施設の現場から」
地域生活支援センター風の輪
「施設の現場から」
水仙の家
榎本施設長による「エピソード記述」
研修の様子

第2回 全体講義の様子(2/20)
3グループに分かれて「実習の感想」1
3グループに分かれて「実習の感想」2
3グループに分かれて「実習の感想」3
岩崎園長による「法人主体の支援の在り方」
「施設の現場から」
ワークセンター豊新
「施設の現場から」
淡路こども園
「施設の現場から」
風の子そだち園
「施設の現場から」
姫島こども園

第3回 全体講義の様子(2/27午前)
3グループに分かれて「実習の感想」1
3グループに分かれて「実習の感想」2
3グループに分かれて「実習の感想」3
加藤施設長による「積極的傾聴について」
研修の様子

比良一泊研修(2/27午後〜2/28)
夕・朝・昼食の準備1
夕・朝・昼食の準備2
夕・朝・昼食の準備3
夕・朝・昼食の準備4
鍋の準備が整いました
夕食の様子1
夕食の様子2
夕食の様子3
夕食の様子4
夕食の様子5
夕食の様子6
夕食の様子7
鍋の最後は定番の雑炊で締め
事前に行なった心理テストの結果発表
翌朝、朝日が湖を照らしました
3グループに分かれて
「センス・オブ・ワンダーを読んで」1
3グループに分かれて
「センス・オブ・ワンダーを読んで」2
3グループに分かれて
「センス・オブ・ワンダーを読んで」3
昼食は固形ルウを使わずに
作ったカレーライス
昼食の様子
3グループに分かれて「エピソード記述」1
3グループに分かれて「エピソード記述」2
3グループに分かれて「エピソード記述」3
帰路に着く前の束の間のひと時
最後にみんなで記念撮影
バスに乗り込み、帰阪の途へ


_ 第3回内定者懇談会
 平成27年12月26日、風の子そだち園および姫島こども園にて内定者懇談会を行ないました。これは、第1次、第2次、第3次募集での内定者を対象に行なったもので、内定者18人のうち体調不良などにより欠席した3人を除く15人が出席、法人からは施設長や主任、中堅・若手職員などが参加しました。懇談会の内容は、風の子そだち園および姫島こども園が開催したおもちつきに合流、また施設見学や施設説明、意見交換会を行ないました。今年度の内定者懇談会はこれで終了、次回全員が顔を合わせるのは内定者研修となります。
内定者によるおもちつきの様子1
内定者によるおもちつきの様子2
2内定者によるおもちつきの様子3
内定者によるおもちつきの様子4
内定者によるおもちつきの様子5
内定者によるおもちつきの様子6
内定者によるおもちつきの様子7
内定者によるおもちつきの様子8
内定者によるおもちつきの様子9
2内定者によるおもちつきの様子10
内定者によるおもちつきの様子11
松村園長のアドバイスにより
全員でお餅を丸める様子
全員でお餅を丸める様子1
全員でお餅を丸める様子2
施設見学の場面(姫島こども園)1
施設見学の場面(姫島こども園)2
子どもの遊び道具作りを体験
施設説明の場面(姫島こども園)
施設説明の場面(風の子そだち園)
3グループに分かれて意見交換1
3グループに分かれて意見交換2
3グループに分かれて意見交換3

 
_ 就職フェア
 平成27年11月29日、御堂筋ホール心斎橋にて大阪市私立保育園連盟主催の就職フェアが開催され、水仙福祉会もブースを出展しました。対象は保育所に就職を希望する学生や社会人で、28年度に就職を希望する人や29年度以降に就職を希望する人など様々でした。来場者は非常に少なく、当ブースを訪れる人も少なめでしたが、参加した職員は熱心に面談に臨んでいました。
面談の様子1
面談の様子2
面談の様子3
面談の様子4


_ 第2回内定者懇談会
 平成27年10月24日、丹波の家にて内定者懇談会を行ないました。これは、第1次、第2次募集での内定者が採用までの長期間、法人とのつながりがない状態で、不安に陥ることを防ぐ目的があります。今回の出席はテストなどで出席できなかった2人を除く9人の内定者、および法人内各施設の施設長、主任または副主任などでした。
 絶好の秋晴れのなか、懇談会が始まりました。まずは、家の中で自己紹介などを行ないました。続いての昼食は法人内の厨房職員が手作りした「豚汁、芋のツルの酢味噌和え、ヤーコンと焼き豚の炒めもの」でした。午後からは、毎年恒例の芋掘りに来ていた水仙の家の利用者と合同で芋掘りを行ないました。また、ツルの選別や懇親など水仙の家の利用者と大いに交流を深めることができました。その後、辺りを散策し茶話会へ。丹波で採れたサツマイモを蒸かしたものと黒枝豆のおやつとともに和やかな時間を過ごしました。午後4時30分、丹波の家を出発。渋滞に巻き込まれながら午後6時40分に帰阪となりました。次回の懇談会は12月に予定。内定者のみなさん、お楽しみに!
午前中の交流会。
自己紹介なども行ないました
お天気だったので外で昼食
今日のメニューの一部です
昼食は3グループに分かれました
それぞれ少人数なので会話も弾みます
全体の昼食の様子
水仙の家の利用者とともにお芋掘り
一段と仲良くなりました
水仙の家の利用者とも会話が弾みます
お芋を傷つけないように、そろそろと…
みなさんと共同作業
芋はこんな風になっています
芋のツルと葉の収穫作業。
「お昼に食べたのはコレかぁ!」
散策では、お寺の住職にお会いしました
住職から自然について説明を
していただきました
午後の交流会の様子

 
_ マイナビ保育士就職セミナー
 平成27年8月9日、サンライズビル大阪でマイナビが主催するマイナビ保育士就職セミナーが開催され、水仙福祉会もブースを出展しました。当会からは風の子保育園、風の子ベビーホーム、淡路こども園、姫島こども園の職員が参加し、ブースを訪れる方々に対し、仕事の内容やどんな思いで仕事をしているのかを現場目線で話をしました。
 水仙福祉会の2016年採用にかかる就職フェア等への参加はこれで終了。少しでも多くの優秀な人材に来ていただくため、今後とも一点集中ではなく様々な機会を捉えていくこととしています。
面談の様子1
面談の様子2
面談の様子3
面談の様子4
面談の様子5
面談の様子6


_ 第1回内定者懇談会
 平成27年8月8日、風の子保育園にて内定者懇談会を行ないました。これは、第1次募集での内定者が採用までの長期間、法人とのつながりがない状態で、不安に陥ることを防ぐ目的があります。
 今回の出席は内定者のうち資格取得のために出席できなかった方2人を除く4人。午後1時に始まった懇談会は、まず各施設の紹介を行ないました。各施設から順番に職員がパワーポイントを使って説明。いずれも少しでも多くのことを伝えたいと、持ち時間をオーバー気味に。結果、予定を大幅に過ぎた施設説明となりました。
 続いて、水仙福祉会が誇る音楽サークルによる音楽演奏と飛び入り参加のマジックショーが披露されました。また、カップスのコーナーでは内定者も参加して大盛りあがりになりました。
 全員が肩の力が抜けたところで、最後はケーキとコーヒーで歓談を行ないました。そろそろ終了のころ、ゲリラ豪雨で予定のなかった延長。雨が小降りになったところで終了となりました。第一次内定者のみなさん、次回は第2次内定者とともに秋ごろにお会いしましょう!
懇談会は榎本施設長(水仙の家)の
あいさつで開始
施設説明はこんな風に
説明の様子(風の子保育園)
説明の様子(水仙の家)
説明の様子(ワークセンター豊新)
説明の様子(風の子そだち園)
説明の様子(淡路こども園)
説明の様子(姫島こども園)
説明の様子(障がい者相談支援センター風の輪)
音楽サークルによる演奏
音楽サークルによるカップス
内定者および出席職員もカップスを練習。
笑いが止まりません!
全員で練習成果を披露
マジックショー。音楽サークルによる
「オリーブの首飾り」に乗せて
最後は水仙福祉会恒例の「風をみた人」を全員で♪
内定者の方々には初めてですが・・・

 
_ 保育士就職フェア
 平成27年8月1日、御堂筋ホールで大阪市私立保育園連盟が主催する保育園就職フェアが開催され、水仙福祉会もブースを出展しました。保育所勤務に特化した就職フェアはこれが唯一。どこのブースも保育士の確保に向け、がんばっておられました。我々も訪れる面談者を相手に、若手保育士が仕事内容や日ごろ感じていることを説明しました。
面談の様子1
面談の様子2
面談の様子3
面談の様子4

 
_ 福祉の就職総合フェア
 平成27年7月18日・19日、大阪府立体育会館で大阪福祉人材支援センターが主催する福祉の就職総合フェアが開催され、水仙福祉会は18日にブースを出展しました。今年もブース内に施設活動のパネルや織り等を展示。面談者に施設の様子を感じていただけるよう工夫しました。面談の主役は若手職員。日ごろの自らの仕事について熱く語っていました。
 フェアは、正午から最大16時まで。その間に計64人の方が当ブースを訪れていただきました。前日の台風11号の影響でこの日の午前中、JRの環状線など主要路線が運休したことから、来場者が少なく、当ブースを訪れる人も激減しました。ただ、そのなかでも面談者に対し施設のことを理解していただき、たくさんの応募に結びつくことを願い、説明や質問への対応などがんばりました。
開会前のブース
ブース前を通る人に声をかけます
面談の様子1
面談の様子2
面談の様子3
面談の様子4
時おり園長も面談に参加1
時おり園長も面談に参加2

 
_ 福祉サービス業界就職セミナー
 平成27年5月24日、「福祉サービス業界就職セミナー」がステラホール(梅田スカイビル内)で開催されました。水仙福祉会からは、風の子そだち園、ワークセンター豊新、姫島こども園、水仙の家から職員が参加。支援員および介護士を目指す学生さんを相手に、希望する施設の職員が説明を行ないました。来場総数約250人のなか83人の学生さんと面談。総定数を大幅に上回る面談となりました。終盤には用意していた資料が底をつき、訪れた学生さんにお渡しすることができず、申し訳ありませんでした。なお、参加した職員は終日とどまることなく自分たちの仕事の内容を説明、応募に結びつくようがんばりました。
面談の様子1
面談の様子2
面談の様子3
面談の様子4
面談の様子5
面談の様子6

 
_ マイナビ保育士就職セミナー
 平成27年5月17日、「マイナビ保育士就職セミナー」がステラホール(梅田スカイビル内)で開催されました。水仙福祉会からは、風の子保育園および風の子ベビーホームならびに淡路こども園から職員が参加。保育士を目指す学生さんを相手に、希望する施設の職員が説明を行ないました。総勢530人の来場者のなか46人の学生さんと面談。目標の1割には達しませんでしたが、まずまずの成果となりました。後日施設見学の申し出が16人からあり、その熱心さがうかがえました。5月の日曜日しかも好天のなか就職活動に励むみなさん、就職活動ぜひがんばってください!良ければ、水仙福祉会にご応募を!
面談の様子1
面談の様子2
面談の様子3
面談の様子4
面談の様子5
面談の様子6

 
_ 大阪成蹊短期大学・合同就職説明会
 平成27年5月13日、大阪成蹊短期大学(大阪市東淀川区)にて幼児教育学科の在校生を対象とした合同就職説明会があり、風の子保育園と風の子ベビーホームから職員が参加。3クール(各25分)に分かれて計53人の学生さんの前で水仙福祉会の保育理念や考え方を説明しました。保育士を目指す学生さんたちは真剣な眼差しで職員の話を聞いていました。同大学は風の子保育園・風の子ベビーホームとはご近所さん。今後も仲良くしていきたいものです。

 
_ リクナビLIVE
 平成27年4月29日、「リクナビLIVE」が大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催されました。水仙福祉会からは、風の子そだち園およびワークセンター豊新、淡路こども園、水仙の家の職員が参加しました。一部上場企業を含む一般企業に混ざっての出展のため福祉系を希望する学生数も少なく大苦戦。面談者の数は16人にとどまりました。しかし、逆に言えば、この16人の方々こそ本物と言えるのではないでしょうか。量より質と前向きに考える日となりました。
面談の様子1
面談の様子2
面談の様子3
面談の様子4


_ 福祉の就職フェア SPRING in OSAKA
 平成27年3月12日、OMMビル(大阪市中央区)にて3回生を中心とした(一部4回生を含む)「福祉の就職フェア SPRING in OSAKA(主催・大阪府福祉人材支援センター)」が行われ、水仙福祉会も参加しました。いよいよ平成28年度職員採用活動の始まりです。参加した14人の職員は若手職員を中心に構成され、必要に応じて主任が登場するなど、学生目線の応対を心がけました。結果、当日は92人の方々と面談。それぞれの分野(保育園、児童発達支援センター、生活介護事業所、高齢者デイサービスセンター他、障がい者相談支援センター)について詳しく説明しました。面談に来られたみなさん、次はぜひ水仙福祉会の施設を見学して、募集時にはご応募ください。
面談の様子1
面談の様子2
面談の様子3
面談の様子4
面談の様子5
面談の様子6
面談の様子7
面談の様子8
面談の様子9
面談の様子10

_ 平成28年度職員採用(正規)の活動が始まりました

上に戻る
職員採用関係報告ページに戻る     トップページに戻る
社会福祉法人 水仙福祉会