法人全体トピックス

_ 米国シカゴ市で活躍する臨床心理士と移民を支援する施設の責任者が来訪
 平成24年5月10日、昨年10月に来訪された臨床心理士の方が、移民を支援する施設の責任者の方とともに淡路こども園ワークセンター豊新を訪問されました。前回来訪された時、臨床心理士の方とは知的障がい児・者への療育に対する考え方が一致、再度の嬉しい面会となりました。淡路こども園では、子どもたちの様子を見学したり、淡路こども園で定例開催されている母親相談の中に混じり、お母さん方と意見を交換するなどしました。一方、ワークセンター豊新では、利用者とともに作陶に挑戦。最後は理事長をはじめ、風の子そだち園・園長、ワークセンター豊新・施設長、姫島こども園・園長と今後の関係作りなどについて話し合ったり、移民を支援する施設の責任者からは施設運営について大いに参考となる意見をいただいたりしました。またの再会を楽しみにしています。


淡路こども園・園長より説明させていただく場面


「ごはんはおいしい?」


ワークセンター豊新で利用者と混ざり作陶中


何やら楽しそうな話をヒソヒソと…

緊張のご対面…


淡路こども園では子どもたちと同じものを昼食に


隣に座る利用者とすぐに仲良しに


歓談の場面

上に戻る
法人全体トピックスページに戻る    トップページに戻る
社会福祉法人 水仙福祉会