法人全体トピックス

_ 大阪市・シカゴ市社会事業従事者交換プログラム2013
 11月10日〜15日に米国シカゴ市より障がい分野の専門家お2人が当会の障がい関係施設を見学されました。これは、大阪市・シカゴ市社会事業従事者交換プログラムの一環で、シカゴ市より10人の福祉関係の専門家が来阪。11月11日から5日にかけて、障がい・高齢・LGBTなどの分野に分かれて見学をされました。そのなかで、当会には特別支援学校の責任者と児童裁判所の弁護士が来訪されました。応対した施設長・職員が当会の理念を説明したうえで療育の実際を見学していただきました。このような機会は法人・施設(職員)にとっても良い刺激となります。

風の子そだち園を来訪。
ハイタッチで「ハロー!」
フレンドリーな来訪者に
利用者も楽しそう

松村昌子園長の案内のもと、
積極的に話しかける来訪者

手織りを見学

糸の巻き方を示す様子

姫島こども園へ移動。
この後、療育の見学も

昼食には松村寛理事長も合流し、松村園長(風の子
そだち園)、岩崎園長(姫島こども園)らとともに、
手作りでおもてなし

最後に記念撮影

上に戻る
法人全体トピックスページに戻る    トップページに戻る
社会福祉法人 水仙福祉会